ブログ

"源泉湯の宿千の谷からお得な情報や四季折々の楽しい話題、日々の出来事などをお知らせいたします。

0年0月

2017年5月31日周辺観光

ちょっとDANGER!!!? 初夏の吹割の滝は大迫力!

天気がいいので、ちょこっと足を伸ばして、吹割の滝へ行ってきました。

水煙を上げて、ごうごうと流れ落ちるさまは圧巻。
尾瀬からの雪解け水で、今の時期が一番迫力があります。

歩道ぎりぎりまで、目が回りそうなくらいの急流が押し寄せてきています。
もしも川に落ちたら、浮く暇もなく滝つぼに直行しそうです。
くれぐれも水際でふざけないように!

天気のいい日は、水しぶきが気持ちいいですよ!

ルールを守り、安全第一に楽しみましょう!!

2017年5月30日千の谷のこと

たけのこ、まだでてます、そしてとってます♪

このところ、夏みたいに暑い日が続いていますね。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。

われわれ従業員一同は、たけのこ採りに励んでおります!

当館の中庭の、脇から、表から、
にょきにょきたけのこ出現中。

採っても採っても、
次から次へと出てきます。

しばらくのあいだ、季節の味を楽しめそうです。

2017年5月26日周辺観光

水芭蕉のシーズンまであと少し! 尾瀬ヶ原周辺の残雪状況【2017年5月下旬】

雪解けが待ちきれず、とうとう尾瀬に行ってしまいました。

5月23日時点では、尾瀬ヶ原はこんな感じ。
木道が出ているところも、雪で覆われているところもあります。
ここ何日か、暑い日が続いたので、
急速に雪が融けてきている模様です。

なお、すでに鳩待峠口はマイカー規制になっているので、
手前の戸倉駐車場より、乗合バスに乗って鳩待峠に向かいます。

(戸倉駐車場の駐車料金は1台1,000円、乗合バス代は一人片道980円)

鳩待峠まで雪はなく、新緑がきれいですが、
鳩待峠から先の森は、まだ芽吹いたばかり。残雪も多いです。
雪を踏み抜いたり、足を滑らせたりしないように慎重に歩きましょう。
まだしばらくは冬用の登山靴が必要です。

林道の途中で、ミズバショウが咲いていました。

樹林帯を抜けた先、
山の鼻周辺の湿原は、一面の雪。

牛首分岐まで来ると、小さなミズバショウが木道の下に隠れていました。

道中、山小屋の方たちが、除雪作業をしていました。
木道から雪を降ろしたり、歩きやすいよう山道の雪にステップをつけてくれたり。
おかげで6月に入る頃には、おおむね雪はなくなっていそうです。

雪があろうとなかろうと、好天気の尾瀬はとても暑いです。
水分補給、服装、日焼け対策にしっかり注意しましょう。

2017年5月23日千の谷のこと

タケノコたけのこニョッキッキ!

イチニョッキ!

竹って強くてしなやかで、
風にゆられてサーワサワしてるのを見ると、
とても気持ちのよい感じになりますね!

色合いもさわやかで、
すこーし暑いこの空気も、
雰囲気として認めていけそうです。

そんな中、当館中庭にたけのこがっ!

IMG_0491
\ 竹の子~! /

IMG_0490
たけのこごはんって美味しいですよね。
オニギリにして食べたい。
筍を眺めつつ涎をたらす食欲の春でございました!

2017年5月18日新プラン紹介

ホタル観賞プラン始めました♪

今年もやります!ホタル観賞スポットご案内~♪

ホタルの里提灯

千の谷のマイクロバス送迎は!(期間6/24~7/9)です(定員25名)

松乃井マイクロ

道々にホタルガイドの方がいらっしゃって
道案内をして下さいます。

こんな感じの風景がご覧いただけます

e0105376_034272

ホタル乱舞のピークは午後8時-9時頃で・・・
蒸し暑く雨の降らない夜がオススメだそうです

千の谷では6/24~7/9期間中
ご宿泊のお客様をご希望によりホタルの里まで送迎しております

座席に限りがある為、完全予約制になりますので
ご希望のお客様は予約課までお気軽にお問合せ下さい

ほたるの里の遊歩道は舗装はされていますが、山道坂道を入っていきますので
履き慣れた靴でのご参加をおススメします

この時期しかご覧いただけない
はかなくも美しく舞うホタルの光を、皆様ぜひご鑑賞下さいませヽ(=´▽`=)ノ

 

↓ ↓ ↓ ご予約は ↓ ↓ ↓

プラン名:【蛍鑑賞付プラン】ホタル乱舞の会場への往復送迎付

http://www1.489ban.net/v4/client/plan/pbview/customer/sarugakyo/pbid/76274

http://www1.489ban.net/s/c/plan/pbview/customer/sarugakyo/pbid/76274

2017年5月17日周辺観光

群馬きってのパワースポット!天狗の山寺「迦葉山(かしょうざん)」

旅行雑誌や観光ガイドで、
沼田エリアをめくると必ず出てくる、
「でっかい天狗(てんぐ)のお面があるお寺」。

気になったことがある方も多いのではないでしょうか。


↑これですこれ。顔の丈は6.5m、鼻の高さ2.8mとのこと。

お寺の名前は、
「迦葉山龍華院弥勒護国寺」(かしょうざん りゅうげいん みろくごこくじ)といいます。

848年の開創と伝えられる、由緒あるお寺です。
沼田駅からは車で約40分。
上州武尊山の山系に属し、スキー場やラベンダーパーク、ダム湖や湿原で有名な玉原高原の近くです。

東京の高尾山、栃木の古峯神社とあわせて関東三大天狗とされていますが、天狗さまの物理的な大きさと数ではダントツですね。

苦労して山奥に行くわりに、あまり時間をつぶせないので、
観光地としてはややマイナーな感じがありますが、
そのぶん信仰の地としての重みがずっしりと感じられます。

迦葉山には、「お借り面」というならわしがあり、
最初の年にお寺から天狗面を借りて帰り、
翌年、借りていたお面と門前のお店で買った新しいお面のふたつを納め、また別のお面を借りて帰る、
という独特なお参りのしかたになっています。

なのでお堂のなかは、天狗のお面でいっぱいです。

なお、毎年8月3~5日におこなわれる「沼田まつり」では、
座禅堂に安置されている大天狗面が、お神輿として担ぎ出されます。

お寺の奥より、迦葉山(標高1,322m)、玉原湿原へ向かう山道が出ています。
その途中、奥の院の裏には、和尚台と呼ばれる巨大な岩がそびえており、
鎖がついていて岩のてっぺんまで登れるようになっていますが、
登攀用具持参の岩登り経験者でなければ、挑戦は避けたほうがよさそうです。
まさに天狗になるための修行の地ですね!


ちなみに、われらが老神温泉にも、天狗さまが祀られています。
興味のある方は探してみてください!

迦葉山龍華院弥勒護国寺

沼田市上発知町445番地

松乃井グループ